もしも数学教師がITベンチャーに入社したら

教育ICT(EdTech)や学習などに関する情報を発信していきます。

教育eポートフォリオについて思うこと その2

前回はeポートフォリオが高校だけの運用ではないことについて書きました。

中学校までの義務教育段階までは「キャリア・パスポート」として学びが蓄積されます。それを上手く高校に接続することが現状の課題です。

 

www.moshiben.com

 

 

今回は、高校現場で実際に運用されているeポートフォリオについて書いていきます。

 

 

 

Classi

 

Classiはベネッセとソフトバンク合弁会社であり、サービスです。学習動画、学習記録、アンケート作成などの様々な機能が備わった総合プラットフォームです。その中の一機能にeポートフォリオがあります。生徒は学校での様々な活動を振り返り、蓄積することができます。

 

2018年の3月にはポートフォリオをテーマにした研究会が開催されました。

www.watch.impress.co.jp

 

Classiは全国の高等学校で非常に多く利用されており、2018年にeポートフォリオ機能が追加されてから、各学校でポートフォリオの蓄積がなされている。

 

 

 

また、ベネッセのマナビジョンというサービスにもeポートフォリオ機能が備わっており、模試の振り返りや学習活動の履歴を蓄積することができる。

 

manabi.benesse.ne.jp

 

 

スタディサプリ

 

学習動画を安価に視聴できるリクルートのサービスです。こちらも全国の高校や塾で非常に多く導入されており、BtoCでも展開されています。

 

studysapuri.jp

 

Japan ePortfolio

 

https://jep.jp/

 

通称jep。高校と大学を統一フォーマットでサイト情報を接続します。関西学院大学が代表。

 

Classiやスタディサプリで蓄積されたeポートフォリオデータを、このjepのシステムに流し込んで大学入試出願をします。

 

 

 

Feelnote

 

SNS型eポートフォリオ。学校のあらゆる活動を蓄積でき、友達や先生にシェアすることができるのが特徴。運営しているサマデイは、新しい大学入試問題を用いたキャリア教育サービスも提供しており、こちらの教材を使ってeポートフォリオを蓄積できるようにもなっている。

 

特徴は、海外の大学に出願できることです。

UCAの出願資料にすることが
できます。
Universal College Applicationは、アメリカをはじめとする世界の高校生に使用されているオンラインアプリケーションサービス(大学入学者選抜システム)です。

UCAには、ハーバード、プリンストン、ジョンズ・ホプキンスなど、約40の大学がメンバーとなってコンソーシアムをつくっています。
今後、日本を含むアジア地域の大学のための「UCA ASIA」もスタート。学生が世界地図を広げて進路を選択でき、ひとつのアプリケーションで複数の大学に出願できるシステムになります。

http://www.feel-note.com

 

 

スコラ手帳

 

中高生が多く利用している手帳。紙の手帳でログを蓄積し、定期的にJapan eポートフォリオの専用用紙に記載し、最終的にデジタルログの蓄積を行う。

 

www.noltyplanners.co.jp

 

 

eポートフォリオ運用のポイント

 

 

1.  生徒が主体的に入力すること

 

生徒は、自分の学びをポートフォリオに積極的に入力したがるでしょうか?

 

現状では、朝礼時やイベントごとに入力を促さないと定着していない学校が多いようです。

 

主体的に入力したくなるような仕組み作りが必要です。対話的に入力できるような場作りが必要です。

 

 

 

 

2.  すべての大学のすべての教員が見るわけではない

 

jepにデータを流し込んでも、全ての大学に出願できる仕組みはまだ作られていません。

 

また、全ての大学教員が全生徒のデータを細かく見るとは思えません。

 

大学入試が変わっても、大学独自のフォーマットでの出願形式は残ります。それに合わせて出願をすることが求められます。

 

 

 

 

3.  生徒は自分のブランディングをしているという自覚を持つこと

 

eポートフォリオ蓄積は、要は自分の価値を構築するプロセスです。自分のブランディングです。

 

かつては入試ごと、就職試験ごとに各書類を作成していましたが、それが一貫統一されるというのがeポートフォリオです。

 

そこにはストーリーが存在し、自分のブランディングを一生涯を通して行います。

 

その意義、意味について生徒には理解してもらう必要があります。

 

 

 

 

 

次回にも続きます。

 

www.moshiben.com