もしも数学教師がITベンチャーに入社したら

教育ICT(EdTech)や学習などに関する情報を発信していきます。

教育制度

国や入試、地方、学校などの制度に関わる情報をご紹介します!

Society5.0に向けた人材育成

Society5.0という言葉をご存知でしょうか? 2016年1月に閣議決定され、日本政府が策定した「第5期科学技術基本計画」の中で用いられている言葉です。 いずれやってくる社会「Society5.0」を前にして、どのように人材育成をするべきか?という教育論議も盛ん…

「高校生のための学びの基礎診断」制度とは?

「高校生のための学びの基礎診断」制度 を知っていますか? 国が認定した民間教材(測定ツール)を、学校ごとに選んで使えるようになる制度です。 背景 認定要件 認定教材 背景 センター試験は2020年1月の実施で最後となります。 その後継テストは、高校3年…

センター試験が廃止されて何が変わる?

先週、今年のセンター試験が行われました。 2021年1月の入試から大学入学共通テストに変わります。 「内容の何が変わるのか、よく分からない!」 という人も多いはず。 (私もこの記事を書く前はよく分からなかった...) 内容の変更ポイントを簡単にまとめま…

教育eポートフォリオについて思うこと その1

昨今、高校ではeポートフォリオの利用に関して盛んに議論がなされています。同時に、現場の先生はその運用に悩まれています。 eポートフォリオは入試で必要になるの? 生徒が入力するようになるためには? これは一時的な流行り? =========== 教育関係者以…

ITの進化がもたらす教育市場の破壊的イノベーション

ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授は、2008年の著書『教育×破壊的イノベーション』の中で、ITの進化によって教育市場の破壊的イノベーションが起きると予言しました。 現在、日本の教育市場では進化したITの導入によって破壊的…

なぜ学力テスト結果で教員評価をしてはいけないのか?

大阪市の方針 学力は多くの要因から形成される 現在の「学力」を上げることに躍起になる必要はあるか? 大阪市の方針 大阪市は小6と中3が受ける全国学力調査の結果が政令指定都市の中で最下位でした。 この結果を受けて大阪市の吉村洋文市長は、今年8月に…

髪型に関する変な校則

教員時代、髪型に関する変な校則がありました。 その時の葛藤を書きます。 頭髪が耳にかかってはいけない 頭髪検査を学期に1回実施 髪型の乱れは心の乱れ? なぜ校則はなくならない? 誰のための校則? 頭髪が耳にかかってはいけない 男子は髪が耳にかかって…

今の時代に一斉授業は適している?

学校の授業形式は、最近までは一斉授業が主流でした。一斉授業は付いていけないし、眠くなるし、本やネットで独学した方が良かった!という人も多いのでは? なぜこの一斉授業という形式は、長年変わることができなかったのか? 今の時代に適しているのか? …